フレシャスは赤ちゃんのミルクに使える!?安全なのか徹底検証!

 

フレシャスで赤ちゃんにミルクを作ってあげたい。

でも、サーバーの衛生面や水そのものが赤ちゃんに悪い影響を与えないか

お母さんとしては、やはりその辺はとても心配だと思います。

 

フレシャスは安全なウォーターサーバーなのかについてまとめてみたので

是非、参考にしてみてください。

 

フレシャスの水は赤ちゃんに大丈夫?!その理由とは?

 

 

水には硬度と言うものがあり、硬度とは1リットル中にカルシウムやマグネシウムが

どのくらい含まれているか、その含有量で決められます。

 

また、お水には軟水と硬水の2種類があるので、それぞれのメリットとデメリットに

ついて説明していこうと思います。

 

【軟水】

カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない

メリット:胃腸に負担がかからない、体への吸収率が良い、美肌効果も期待できる

デメリット:硬水を飲んでる人が軟水を飲むと、さっぱりした口当たりに感じる程度

 

【硬水】

カルシウムやマグネシウムの含有量が多い

メリット:血液がサラサラになる、便秘解消の予防、美容効果も期待できる

デメリット:腎臓に負担がかかる、下痢する場合がある

 

硬水は、内臓が未発達な赤ちゃんのからだに負担をかけるので

飲ませないようにと言われていますが、フレシャスの水は軟水なので

赤ちゃんの体にそう言った影響を及ぼすことはありません。

ですので、赤ちゃんのミルク作りも安心して使うことができます。

 

フレシャスは赤ちゃんに安全!?おすすめ3つのポイント

 

 徹底して細菌を除去

超精密ろ過フィルターで、細菌やバクテリアなどをしっかりと除去。
またクリーニング機能を搭載してるので、開封後でも安心して飲むことができます。

 ミネラルが豊富な天然水

天然水は、最も手間と技術を必要と言われており
フレシャスは、この天然水に分類されます。

 安心の採水地

フレシャスの水は日本国内の天然水で
採水地は富士、朝霧高原、木曽で、すべて軟水になります。

赤ちゃんに安心して飲ませるなら、水の成分やウォータサーバーの衛生面など

安全基準を満たしていることが条件になります。

 

成人の体の60%は水分ですが、赤ちゃんの場合体の90%が水分です。

一生飲んでいくお水です。

質の良い水で、是非美味しいミルクを作ってあげてくださいね。