フレシャスの衛生面はどう?品質管理をチェック!

 

ウォーターサーバーは、水道水に比べて塩素消毒をしないので安全とも言われています。

しかし、全ての会社のサーバーがそうかと言うとそうではありません。

これはなぜかと言うと、各メーカーのサーバーの機能やメンテナンスの部分が違うからです。

では、フレシャスの衛生面はどうなんでしょうか?

 

フレシャスはFSSC22000を取得

 

FSSC22000は、食品安全マネジメントシステムのことで、

国際規格の審査が厳しく取得するのが難しいとされています。

 

多くの大手企業が注目をしている規格で、フレシャスは

ウォーターサーバー専業メーカーとして初めて取得しました。

 

フレシャスでは無菌エアレスパックを採用

 

 

通常、ガロンタイプのボトルをサーバーにセットする時、

水が空気に触れてしまうので雑菌や細菌などが繁殖してしまいますが、

フレシャスは無菌エアレスパックと言って、雑菌がウォーターパックに入らない

構造になっています。

 

フレシャスの水は採水後、新鮮な状態ですぐに

無菌エアレスパック(ワンウェイボトル方式)に密封して届けられます。

 

また、ウォーターパックの素材はポリエチレンなんですが

食品衛生法によって定めた容器包装試験の基準を満たしており

人体への影響がないことが法的にも認められているので安心です。

 

水を使った分だけパックが縮むので、空気や雑菌がウォーターパックの中に入る事は

ありません。

ですので、常に新鮮で衛生的な状態を保つことができるので

いつでも美味しいお水を飲むことができます。

 

セルフクリーン機能でいつでもお水が新鮮

 

 

通常、水を殺菌するのに75℃以上で10分と言われています。

フレシャスのセルフクリーン機能は、サーバー内のボトルを

80℃以上の温水を循環させて雑菌の繁殖を防ぐ事が出来るんですが

 

正直、こう言った機能のサーバーは

今のところ他社にはありません

 

他社ですとメンテナンスそのものがなかったり、あっても年に1回と言う割合が

多いようですが、フレシャスの場合ボタン1つ押すだけでウォーターサーバー内を

クリーンな状態にしてくれるんですよね。

水の衛生面を考えた、なかなか画期的なシステムだなと思います。

 

通常、ウォーターサーバーはメンテナンスで見てもらった場合、

修理が必要になれば高額な料金がかかりますが、

フレシャスにはセルフクリーン機能があるので、3日に1回くらいの割合でボタンを

押せば衛生的な状態になるので、他の会社の年に1回のメンテナンスよりも良いかもし

れませんね。

 

フレシャスは赤ちゃんのミルクに使える!?安全なのか徹底検証!

 

フレシャスで赤ちゃんにミルクを作ってあげたい。

でも、サーバーの衛生面や水そのものが赤ちゃんに悪い影響を与えないか

お母さんとしては、やはりその辺はとても心配だと思います。

 

フレシャスは安全なウォーターサーバーなのかについてまとめてみたので

是非、参考にしてみてください。

 

フレシャスは赤ちゃんに大丈夫!?安全性をチェック!

 

 

お水を飲むにあたって1番重要なのは、

やはり安心して飲める水なのかと言う部分ではないでしょうか!?

特に赤ちゃんに飲ませるお水なら尚更のことですよね。

 

フレシャスの水の採水地はどこ?

フレシャスには3種類のお水があり、全て天然水を取り扱っています。

【採水地】

・フレシャス富士(山梨県富士吉田市)

・フレシャス朝霧高原(静岡県富士宮市)

・フレシャス木曽(長野県木曽福島町)

 

私達が普段飲んでいる水道水は、浄水場で塩素消毒をして殺菌をしているので

安全と言われています。

 

しかし、この塩素は有害であり、発がん性物質であるトリハロメタンが

含まれているので、健康に影響を及ぼす危険性が潜んでいます。

 

フレシャスの水は、厳選された地域から採れるミネラルが豊富な天然水で、

人工物が含まれてない良質な水なので安心して飲むことができます。

 

定期的な放射能検査を実施している

フレシャスでは毎月、放射能検査を実施しており

その検査報告をWEBで公開しています。

フレシャスでは今現在、放射性物質は確認されたと言う報告は一切出ていません。

 

フレシャスは軟水と硬水どっち?赤ちゃんにも安全?

 

 

水には軟水・硬水と硬度があるんですが、フレシャスの水は軟水です。

硬度は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが

1リットル中にどのくらい含まれているのか、その含有量で決まります。

 

水は、この硬度によって軟水と硬水の2種類に分けられ

それぞれ味や風味、効果などが違います。

 

【軟水】カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない

メリット:胃腸に負担がかからない、体への吸収率が良い、美肌効果も期待できる
デメリット:硬水を飲んでる人が軟水を飲むと、さっぱりした口当たりに感じる程度

【硬水】カルシウムやマグネシウムの含有量が多い

メリット:血液がサラサラになる、便秘解消の予防、美容効果も期待できる
デメリット:腎臓に負担がかかる、下痢する場合がある

 

硬水は、内臓が未発達な赤ちゃんのからだに負担をかけるので飲ませないように

と言われていますが、フレシャスは軟水なので赤ちゃんの飲み水はもちろん

ミルク作りにも安心して使うことができます。

 

赤ちゃんに安心して飲ませるなら、水の成分やウォータサーバーの衛生面など

安全基準を満たしていれば安心ですね。