フレシャスは赤ちゃんのミルクに使える!?安全なのか徹底検証!

 

フレシャスで赤ちゃんにミルクを作ってあげたい。

でも、サーバーの衛生面や水そのものが赤ちゃんに悪い影響を与えないか

お母さんとしては、やはりその辺はとても心配だと思います。

 

フレシャスは安全なウォーターサーバーなのかについてまとめてみたので

是非、参考にしてみてください。

 

フレシャスは赤ちゃんに大丈夫!?安全性をチェック!

 

 

お水を飲むにあたって1番重要なのは、

やはり安心して飲める水なのかと言う部分ではないでしょうか!?

特に赤ちゃんに飲ませるお水なら尚更のことですよね。

 

フレシャスの水の採水地はどこ?

フレシャスには3種類のお水があり、全て天然水を取り扱っています。

【採水地】

・フレシャス富士(山梨県富士吉田市)

・フレシャス朝霧高原(静岡県富士宮市)

・フレシャス木曽(長野県木曽福島町)

 

私達が普段飲んでいる水道水は、浄水場で塩素消毒をして殺菌をしているので

安全と言われています。

 

しかし、この塩素は有害であり、発がん性物質であるトリハロメタンが

含まれているので、健康に影響を及ぼす危険性が潜んでいます。

 

フレシャスの水は、厳選された地域から採れるミネラルが豊富な天然水で、

人工物が含まれてない良質な水なので安心して飲むことができます。

 

定期的な放射能検査を実施している

フレシャスでは毎月、放射能検査を実施しており

その検査報告をWEBで公開しています。

フレシャスでは今現在、放射性物質は確認されたと言う報告は一切出ていません。

 

フレシャスは軟水と硬水どっち?赤ちゃんにも安全?

 

 

水には軟水・硬水と硬度があるんですが、フレシャスの水は軟水です。

硬度は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが

1リットル中にどのくらい含まれているのか、その含有量で決まります。

 

水は、この硬度によって軟水と硬水の2種類に分けられ

それぞれ味や風味、効果などが違います。

 

【軟水】カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない

メリット:胃腸に負担がかからない、体への吸収率が良い、美肌効果も期待できる
デメリット:硬水を飲んでる人が軟水を飲むと、さっぱりした口当たりに感じる程度

【硬水】カルシウムやマグネシウムの含有量が多い

メリット:血液がサラサラになる、便秘解消の予防、美容効果も期待できる
デメリット:腎臓に負担がかかる、下痢する場合がある

 

硬水は、内臓が未発達な赤ちゃんのからだに負担をかけるので飲ませないように

と言われていますが、フレシャスは軟水なので赤ちゃんの飲み水はもちろん

ミルク作りにも安心して使うことができます。

 

赤ちゃんに安心して飲ませるなら、水の成分やウォータサーバーの衛生面など

安全基準を満たしていれば安心ですね。