フレシャスの水の成分ってどう!?気になる成分を徹底検証

フレシャスの水の成分は何なのか?成分によって効果・効能は様々です。

美容や健康に気をつけてる方や、赤ちゃんのミルクに使いたいママさんなど

目的別にお水の成分を気にする方もいると思います。

ここでは、フレシャスの水の成分についてわかりやすく解説していますので

是非、参考になさってみてください。

フレシャスの成分を水の種類別に調べてみた

 

フレシャスの成分を天然水別に調べてみました。
水はミネラルバランスによって味や風味が全く異なります。
フレシャスでは3種類の天然水の中から選ぶことができるので、お好みや目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

■フレシャス富士
硬度:21mg/L (軟水)
バナジウム:86μg/L
ナトリウム:0.52mg
カルシウム:0.57mg
マグネシウム:0.19mg
カリウム:0.07mg
ph:pH8.31

■フレシャス木曽
硬度:20mg/L(軟水)
バナジウム:0
ナトリウム:0.19mg
カルシウム:0.56mg
マグネシウム:0.12mg
カリウム:0.06mg
ph:pH7.7

■フレシャス朝霧高原
硬度:85mg/L (軟水)
バナジウム:180μg/L
ナトリウム:8.0mg
カルシウム:1.5mg
マグネシウム:1.1mg
カリウム:0.29mg
ph:pH8.5

 

成分別の効果・効能

 

■バナジウム
糖尿病予防、コレステロール値の改善、デトックス効果、脂肪燃焼、美容効果、熱中症対策

■ナトリウム
神経、細胞、筋肉、関節機能の維持、栄養吸収の手助け

■マグネシウム
エネルギー代謝,筋肉の収縮,血圧調整,体温調整,血糖値の調整

■カリウム
むくみ解消、高血圧の予防、利尿作用、筋肉の弛緩を調整、神経細胞の刺激伝達

■カルシウム
骨粗しょう症予防、高血圧予防、イライラ解消、大腸ガン発生のリスクを下げる

 

軟水と硬水の違いとは?

 

 

フレシャスは軟水

水には軟水と硬水があり、水に含まれるミネラルの量によって分かれます。

硬度が100以下で軟水、硬度が100以上で硬水で、

フレシャスの天然水は全て軟水となります。

 

軟水は、口当たりがまろやかなので飲みやすく、コーヒーや紅茶はもちろん、

お料理に使うと素材の味を引き立ててくれて幅広く使えます。

また、ペットにも軟水はおすすめです。

特に猫の場合、マグネシウムが多すぎると尿路結石になりやすくなるので

軟水を与える飼い主さんもいます。

 

硬水は、口当たりが重く体に吸収されにくいので、粉ミルクには使わない方が良いと

されています。

赤ちゃんの未熟な腎機能に負担をかけたりお腹を壊したりする恐れがあるので、

ミルク作りの際には軟水を選びましょう。